お知らせがあります。

  • 2021/03/01論文を日本語で検索できる『PubMed CLOUD』のスマートフォンサイトが、新しくオープンいたしました。
    スマートフォンでも使いやすくなりましたので、ぜひご利用ください。
    (PC・タブレットではPCサイトが表示されます)
Close

身体的障害の介護施設入所者のうつ病、複合的治療プログラムで効果/Lancet

提供元:ケアネット

印刷ボタン

公開日:2013/05/17

 

 オランダ・ナイメーヘン・ラットバウト大学メディカルセンターのRuslan Leontjevas氏らは、うつ病に対する介入プログラムとして開発された、多職種による複合的治療プログラム「Act in Case of Depression」(AiD)について、身体的障害の介護施設入所者についてはうつ病改善の効果があることを報告した。一方で、認知症の介護施設入所者のうつ病については、同プログラムによる効果は認められなかったという。約800例の介護施設入所者を対象に、stepped-wedge法による無作為化比較試験を行い明らかにしたもので、Lancet誌オンライン版2013年5月2日号で発表した。

認知症および身体的障害の施設単位でプログラムの効果について無作為化試験
 AiDプログラムは、ナイメーヘン大学ナーシングホームネットワーク協会(UKON:加入者全体で認知症ユニット約5,500床、身体的障害ユニット3,300床からなる)が開発したもので、看護スタッフや行動療法士(activity therapist)、心理士(psychologist)、医師により提供される治療プログラムである。

 Leontjevas氏は、2009~2011年にかけて、オランダの介護施設の認知症部門16ヵ所(入所者数403例)と身体的障害部門17ヵ所(同390例)を対象に、無作為化比較試験を行った。各部門の入所者をそれぞれ無作為に5群に分け、約4ヵ月タイミングをずらし、それぞれAiDプログラムを実施した。被験者は、同プログラムの実施時期や内容については知らされていなかった。研究スタッフも、同プログラムの内容やうつ病治療歴、前回アセスメントの結果は知らされていなかった。

 主要エンドポイントは、各部門における、コーネル認知症抑うつ尺度(CSDD)スコアが>7のうつ病罹患率だった。

身体的障害部門入所者、AiDプログラムでうつ病罹患率7%減
 その結果、身体的障害部門では、AiDプログラムによってうつ病罹患率の低下が認められた(補正後効果量:-7.3%、95%信頼区間:-13.7~-0.9)。一方、認知症部門では、同罹患率の有意な低下は認められず(同:0.6、-5.6~6.8)、身体的障害部門との有意差が認められた(p=0.031)。

 うつ病評価手法に関するアドヒアランスは、身体的障害部門では82%(標準偏差:15)だったのに対し、認知症部門では69%(同:19)と有意に低かった(p=0.045)。また、治療パスウェイへのアドヒアランスは、身体的障害部門38%(同:40)、認知症部門43%(同:33)で有意差はみられなかった(p=0.745)。

(當麻あづさ:医療ジャーナリスト)

専門家はこう見る

コメンテーター : 岡村 毅( おかむら つよし ) 氏

東京都健康長寿医療センター

東京大学

上智大学

大正大学

J-CLEAR評議員