糖尿病治療薬の選択の原則とは

診療よろず相談TV

糖尿病治療薬の選択の原則とはのイメージ

糖尿病の診療を国内外のガイドラインを基に解説します。海外とわが国の第1選択薬選択での差異は、どんなところでしょうか。講師は、三田智也氏(順天堂大学大学院 准教授)。

最終更新:2019/08/22

予防医学と先制医療の違いとは

学会レポート

予防医学と先制医療の違いとはのイメージ

これまでの予防医学は集団に対する手法でした。昨今話題のゲノム解析やゲノムコホートなどを駆使し、個人の特徴に応じた予防法は「先制医療」と呼ばれています。その第一人者、京都大学名誉教授 井村裕夫氏の講演。

最終更新:2019/08/22

上医はAI、新たな医療の幕開けか?

学会レポート

上医はAI、新たな医療の幕開けか?のイメージ

新たな“寿命”の概念を提唱する大会長の伊藤裕氏が、年齢を重ねる中で湧き起こる人間の心の変化をひもときながら、「健康」と「幸福」を保つために有用な医療の最新知見を紹介します。

最終更新:2019/08/21

低血糖、シックデイ、アドヒア―注射剤にまつわる問題への対処法

高齢者糖尿病診療のコツ

低血糖、シックデイ、アドヒア―注射剤にまつわる問題への対処法のイメージ

わかりにくい高齢者の低血糖、食欲低下、シックデイ、そんなときどうやってGLP-1受容体作動薬とインスリンをコントロールするか、それぞれご紹介します。打ち忘れ予防策も。

最終更新:2019/08/20

加熱式タバコに含まれる未知の56物質、健康影響は?

新型タバコの基礎知識

加熱式タバコに含まれる未知の56物質、健康影響は?のイメージ

紙巻タバコよりもアイコスに多く含まれていた化学物質は56種類。この数字は米国での申請時には報告されなかったそうです。未知な部分の多いこれらの物質の健康影響について、わかっていることは。

最終更新:2019/08/19

高血圧患者の夜間救急対応

診療よろず相談TV

先ごろ改訂された『高血圧治療ガイドライン 2019』の内容と本書に基づいた診療上の重要点を伊藤貞嘉氏(公立刈田綜合病院 特別管理者)が解説します。高血圧患者の夜間救急対応のポイントは?

最終更新:2019/08/15

高齢者での注射剤のはじめどき/やめどき

高齢者糖尿病診療のコツ

実はむしろ有効なケースもある、高齢者での注射剤の導入について、GLP-1受容体作動薬は4つ、インスリンは7つのポイントをご紹介します。減量・中止の考え方と実際の進め方も。

最終更新:2019/08/13

外見に特徴的な症状を来す希少疾病

希少疾病ライブラリ

下垂体性成長ホルモン分泌亢進症は、身長増加、手足の容積増大、耐糖能異常などを引き起こし、糖尿病、高血圧症の合併により生命予後を悪化させます。本症の最新知見を田原重志氏と福田いずみ氏が解説。

最終更新:2019/08/13

グルコースが異常、考えられる原因は?

患者説明用スライド

検査項目のグルコースはいわゆる「血糖値」のことです。検査値スライドを使って、食品のGI値と共に学んでもらいましょう。監修は、獨協医科大学病院の志水太郎氏です。

最終更新:2019/08/09

外食でやりがちな肉の間違った食べ方とは?

実践型!食事指導スライド

タンパク質をたくさん取るために肉を食べることは大切ですが、一歩間違えると脂質過多になってしまうのです。とくに外食時は注意が必要なため、正しい肉のとり方を理解して患者さんに伝えませんか?

最終更新:2019/08/07

逆に加熱式タバコに多く含まれる化学物質とは?

新型タバコの基礎知識

今回は、ニコチン以外の化学物質の量に、紙巻タバコと加熱式タバコでどれくらい違いがあるかをまとめます。一覧にして比較すると、加熱式タバコのほうが多い物質も?

最終更新:2019/08/05

HbA1cが異常、考えられる原因は?

患者説明用スライド

「HbA1cはよく知っているよ」と言う患者さんでも、きっと勉強になる検査値スライド。監修は、獨協医科大学病院の志水太郎氏です。

最終更新:2019/08/02

若い白内障患者がいたら想起したい疾患

希少疾病ライブラリ

ウェルナー症候群は、早老症候群の1つで、根治療法はなく、白内障やサルコペニアなどを発症し、QOLを悪化させます。本症の最新知見を横手幸太郎氏が解説します。

最終更新:2019/07/23

ランサップ800の処方での盲点

レセプト査定の回避術

ランサップ800が病名不足で査定された例をお届けします。その他、カリメート散の査定など4つの事例を櫻井雅彦氏が解説します。

最終更新:2019/07/22

FT4が異常、考えられる原因は?

患者説明用スライド

「甲状腺ホルモンって何?」そんな質問をきっかけに、患者さんに検査値のことを知ってもらいましょう。監修は、獨協医科大学病院の志水太郎氏です。

最終更新:2019/07/19

乳酸アシドーシスの兆候に注意

使える!服薬指導箋

乳酸アシドーシスが起こった場合にはすぐに対処することが重要。乳酸アシドーシスを副作用に持つ糖尿病薬を服用している患者さんには、注意すべき症状をスライドでわかりやすく伝えましょう。

最終更新:2019/07/18

保険診療で加熱式タバコの禁煙指導はできるか

新型タバコの基礎知識

禁煙外来に加熱式タバコを吸っている患者さんが来た場合、従来どおりの保険診療は可能なのか?そして一酸化炭素測定値の扱いは?

最終更新:2019/07/16

診察室で15秒! 超簡単な体力測定法

Dr.坂根のすぐ使える患者指導画集

年齢を重ねるとともに体力は低下しますが、患者さんは自分の体力を正しく認識できているでしょうか? 診察室で簡単にできる体力テストを用いて、運動の必要性を確認しましょう。

最終更新:2019/07/15

TSHが異常、考えられる原因は?

患者説明用スライド

検査項目について、口頭で説明してもピンときていない患者さんに、スライドを使ってわかりやすく説明しましょう。監修は、獨協医科大学病院の志水太郎氏です。

最終更新:2019/07/12

Feが異常、考えられる原因は?

患者説明用スライド

「鉄不足ならレバーで解決でしょ?」と考えている患者さんに、値変動の原因がいくつもあることを獨協医科大学病院の志水太郎氏が監修するスライドでお伝えしませんか?

最終更新:2019/07/05

Pages

会員の方へ