お知らせがあります。

  • 2020/04/07新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を受け、さらなる感染拡大防止への協力、およびビジネスの継続・維持のため、一時的に電話サポート窓口を休止し、メールにて対応させていただくことになりました。
    お問い合わせにつきましては、各サービスお問い合わせ先に記載されているメールアドレス、またはお問い合わせフォームにてご連絡くださいますようお願いいたします。

    電話窓口休止期間:2020年4月8日(水)~2020年5月6日(水)

    また、お問い合わせ状況によりメールによるご返信までにお日にちをいただく可能性がございますので、あらかじめご了承くださいませ。
    ご利用中の皆さまにはご迷惑をお掛けすることもあるかと存じますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
Close

症例検討会のコーナー。提示された診療の判断に苦慮する症例に対し、会員医師間で意見交換を行う場です。同じ悩みをお持ちの先生方で情報交換し、臨床に役立つ場としてご活用ください。

Dr.平島のフィジカル教育回診

Dr.平島のフィジカル教育回診

「フィジカル教育回診」の第4弾は、前回に引き続き「頸静脈」の身体診察を学習します。今回は、頸静脈診察からわかることを全面に、さまざまな症例を紹介しながら日常診療で役に立つフィジカルを学習していきます。レクチャーはフィジカルの伝道師、平島 修氏(徳洲会奄美ブロック 総合診療研修センター)が講師を務めます。

Dr.平島のフィジカル教育回診

Dr.平島のフィジカル教育回診

今回は、特別企画として震災の避難所の診療で役立つ「エコノミー症候群(肺塞栓症)の診断」です。必要最低限にまとめ、こんな症候が診られたら危険! という項目を解説します。ショック、頻脈、頻呼吸の患者さんをみたら、かならず血圧も測定しましょう。平島 修氏(徳洲会奄美ブロック 総合診療研修センター)が、「手あての気持ち」が活かせるフィジカルをレクチャーします。