コロナ禍で日々試される臨床医としての力量【臨床留学通信 from NY】番外編5

公開日:2020/06/18

留学先のニューヨークでコロナ治療の最前線に立つ工野俊樹氏の連載エッセー。現在進行形で未知の部分も多いCOVID-19ですが、臨床データを活用した論文作成のスピード感に驚かされたようです。 

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。