東京大学高齢社会総合研究機構 在宅医療推進総合研修プログラム 動機付けコース

  • 公開日:2012/08/16

千葉県柏市で実施された、東京大学高齢社会総合研究機構在宅医療推進総合研修プログラム動機付けコースの1日目(2012年3月25日実施)の模様をお送りします。開業医の先生方が在宅医療に参入する動機付けに主眼をおいたコースとなっており、在宅医療を導入するにあたって必要な知識とノウハウ、専門職連携協働(IPW:Interprofessional Work)の意義など、多職種でのワークショップを通じて疑似体験していただいています。辻哲夫先生の今後の見通しと在宅医の果たすべき役割、川越正平先生、平原佐斗司先生による「疼痛緩和」「認知症」の講義とワークショップ、最後に川越正平先生からの診療報酬・制度から見た実務面の講義で成り立っています。将来、在宅医療を視野に入れておられる開業医の先生必見のコースです。

講師

辻 哲夫 ( つじ てつお ) 氏東京大学高齢社会総合研究機構 特任教授

川越 正平 ( かわごえ しょうへい ) 氏あおぞら診療所 院長

平原 佐斗司 ( ひらはら さとし ) 氏梶原診療所 在宅サポートセンター長

2日目 番組一覧 【全4回】

1日目 番組一覧 【全9回】

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)
本コンテンツに関する下記情報は掲載当時のものです。
[データ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなど]

会員の方へ