第25回 患者を「見る」ことが何より大事なフィジカルアセスメント【週刊・川添ラヂオ】

公開日:2019/02/11

患者さんの薬効評価や副作用モニタリングで最も重要な方法は「見る」ことです。外見のちょっとした変化や仕草、そして患者さんの主張との食い違いなど、あなたの目で見た客観的情報を薬歴に残すことが大切です。 

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。