第25回 患者を「見る」ことが何より大事なフィジカルアセスメント【週刊・川添ラヂオ】

  • 公開日:2019/02/11
企画・制作ケアネット
患者さんの薬効評価や副作用モニタリングで最も重要な方法は「見る」ことです。外見のちょっとした変化や仕草、そして患者さんの主張との食い違いなど、あなたの目で見た客観的情報を薬歴に残すことが大切です。

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)
本コンテンツに関する下記情報は掲載当時のものです。
[データ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなど]

会員の方へ