EGFR-TKI耐性肺がん、どうなる再生検の重要度?

EGFR-TKI耐性肺がん、どうなる再生検の重要度?のイメージ

EGFR-TKIで病勢進行したわが国の肺がん患者に対する遺伝子変異検査、治療の実態とは?多施設共同観察研究REMEDY試験の結果を四国がんセンター野上尚之氏が紹介する。

最終更新:2018/09/20

クリーブランドクリニックも採用。米国Navy流チーム作りとは…侍オンコロジスト

クリーブランドクリニックも採用。米国Navy流チーム作りとは…侍オンコロジストのイメージ

ダートマス大学 腫瘍内科の白井敬祐氏が、米国のがん診療の現状を語る。今回は、医療の世界でも活用されるNavySEALs流チームビルディング。

最終更新:2018/09/17

デュルバルマブ、肺がんCCRT維持療法使用にあたり…Dr.山本が解説

デュルバルマブ、肺がんCCRT維持療法使用にあたり…Dr.山本が解説のイメージ

切除不能StageIII非小細胞肺がんの化学放射線同時療法の維持療法に免疫CP阻害薬が承認された。山本信之氏に聞く、化学放射線治療と免疫CP阻害薬の関係、治験アウトカム。

最終更新:2018/09/06

キャンサーボードにも参加、Oncologyナビゲーターとは?…侍オンコロジスト

キャンサーボードにも参加、Oncologyナビゲーターとは?…侍オンコロジストのイメージ

ダートマス大学 腫瘍内科の白井敬祐氏が、米国のがん診療の現状を語る。今回は、Oncologyナビゲーター。キャンサーボードにも参加するこの方たちはどんな職種?

最終更新:2018/08/31

書籍紹介『精巣腫瘍取扱い規約 第4版』

書籍紹介『精巣腫瘍取扱い規約 第4版』 のイメージ

13年ぶりに改訂された第4版では、病期分類、病理組織分類、治療効果判定などを中心に全面的に改訂。文言を新しくして、画像所見、顕微鏡写真などの付加的情報も追加しました。精巣腫瘍診療に欠かせない1冊。

最終更新:2018/08/23

添付文書改訂:ゼルヤンツ錠/トレリーフ錠/リムパーザ錠…下平博士のDIノート

ゼルヤンツ錠、トレリーフ錠、リムパーザ錠に適応が追加されました。変更に伴う注意点や服薬指導時のアドバイスを解説します。薬剤情報のアップデートにお役立てください。

最終更新:2018/08/21

過去喫煙者の生涯肺がんリスク、現在喫煙者の半分以下に(患者説明用)

現在喫煙している患者さんに、禁煙のメリットを理解していただくためにご利用ください。

最終更新:2018/08/17

日本から米国に期待の新薬…侍オンコロジスト

ダートマス大学 腫瘍内科の白井敬祐氏が、米国大学病院のがん診療の現状を語る。今回は、逆ドラッグ・ラグmogamulizumabについて。

最終更新:2018/08/17

肝胆膵がんの最新情報/ASCO2018レポート

ASCO2018肝胆膵がんのトピックを国立がん研究センター東病院 池田公史氏が聴講レポート。現在そして今後の肝胆膵がん診療トレンドはこれだ。

最終更新:2018/07/30

irAEへのステロイド長期使用に懸念は?…ビデオ書き起こし公開

ダートマス大学 腫瘍内科の白井敬祐氏が、米国大学病院のがん診療の現状を語る。今回は、ALK-TKIとirAEへのステロイドの使用について、視聴者からの質問に答える。

最終更新:2018/07/20

書籍紹介『婦人科がん取扱い規約抜粋 第3版』

「子宮頸癌」「子宮体癌」「卵巣腫瘍・卵管癌・腹膜癌」「絨毛性疾患」の各取扱い規約から日常診療に役立つ項目を抽出し、1冊に集約。コンパクトなポケットサイズで常に携帯できます。

最終更新:2018/07/17

書籍紹介『乳癌診療ガイドライン2 疫学・診断編 2018年版』

「疫学・予防」「検診・画像診断」「病理診断」に関する臨床議題を大きく3つに分類し、それぞれの科学的根拠、益と害のバランス、患者の希望の一貫性などを踏まえて最新の乳がん診療指針を示しました。

最終更新:2018/07/16

書籍紹介『乳癌診療ガイドライン1 治療編 2018年版』

乳癌診療ガイドライン 第4版では、「薬物」「外科」「放射線」領域の治療に関する臨床議題をバックグラウンドクエスチョン・クリニカルクエスチョン・フューチャーリサーチクエスチョンに分類し、計124項目を掲載。

最終更新:2018/07/16

高齢者乳がんにトラスツズマブ単独治療はアリ?/ASCO2018レポート

ASCO2018乳がんトピックを埼玉医科大学 総合医療センター ブレストケア科 矢形 寛氏が聴講レポート。現在そして今後の乳がん診療トレンドはこれだ。

最終更新:2018/07/13

書籍紹介『臨床・病理 乳癌取扱い規約 第18版』

WHO分類(第4版)、UICC TNM分類(第8版)との整合性を図り、病理編を大幅に改訂。組織型分類の変更、病理学的TNM分類の記載の追加などを行いました。乳がん診療に携わる医療者必携の1冊です。

最終更新:2018/07/13

肺がんIO治療の最新情報/ASCO2018レポート

ASCO2018肺がんトピックを国立がん研究センター中央病院 堀之内秀仁氏が聴講レポート。肺がん診療トレンドはこれだ。

最終更新:2018/07/06

リンパ節転移陰性乳がんへの化学療法の必要性など/ASCO2018レポート

ASCO2018乳がんトピックを埼玉医科大学 総合医療センター ブレストケア科 矢形 寛氏が聴講レポート。現在そして今後の乳がん診療トレンドはこれだ。

最終更新:2018/07/03

JACCRO GC-07など消化器がんの最新情報…ASCO2018レポート

ASCO2018消化器がんトピックを、愛知県がんセンター中央病院 成田有季哉氏が聴講レポート。現在そして今後の消化器がん診療トレンドはこれだ。

最終更新:2018/06/28

消化器がん特集ページオープン、ASCO2018情報も掲載

進化する消化器がん治療の情報をひとまとめにしました。ASCO2018など最新情報も更新していきます。

最終更新:2018/06/21

肺がんのEGFR-TKI、1次治療選択は何?…ビデオ書き起こし掲載

ダートマス大学 腫瘍内科の白井敬祐氏が、米国大学病院のがん診療の現状を語る。今回はEGFR-TKIの1次治療選択について視聴者からの質問に回答。

最終更新:2018/06/15

ページ