お知らせがあります。

  • 2020/07/06【上部メニュー変更のお知らせ】
    2020年7月15日より、CareNet.com PC版の画面上部にあるメニュー項目の右端に表示されている「論文検索」が移動いたします。
    移動後は「PubMed CLOUD」と名称を変更して、「ニュース/論文」の項目をクリックした後に表示されます。
  • 2020/06/30 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止への協力として、テレワークを実施しておりますため、弊社カスタマーセンターの電話サポート窓口の休止期間を延長させていただきます。
    お問い合わせにつきましては、各サービスお問い合わせ先に記載されているメールアドレス、またはお問い合わせフォームにてご連絡くださいますようお願いいたします。

    電話窓口休止期間:2020年4月8日(水)~2020年7月31日(金)
    ※状況により、期間を変更する場合もございます。

    また、お問い合わせ状況によりメールによるご返信までにお日にちをいただく可能性がございますので、あらかじめご了承くださいませ。
    ご利用中の皆さまにはご迷惑をお掛けすることもあるかと存じますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
Close

HIVリザーバーに対するkick and kill法は有効か?/Lancet

提供元:ケアネット

印刷ボタン

公開日:2020/02/28

 

 HIVリザーバー(潜伏感染細胞)に対するkick and kill法は、抗レトロウイルス療法(ART)単独と比較して有意な効果は確認されなかった。英国・インペリアル・カレッジ・ロンドンのSarah Fidler氏らが、同国6施設で実施したART+kick and kill法の有効性を検証する多施設共同非盲検無作為化第II相試験「RIVER試験」の結果を報告した。ARTではHIV潜伏感染細胞が長期に残存するため、HIV感染症を完全に治癒させることはできない。そこで、潜伏感染細胞でのHIVの転写を誘導してHIVを再活性化させ、HIV潜伏感染細胞を死滅させようというkick and kill法がHIV治療戦略として期待されていた。Lancet誌オンライン版2020年2月18日号掲載の報告。

ART単独vs.ART+V+Vでkick and kill法の有効性を比較

 RIVER試験の対象は、過去6ヵ月以内にHIV陽性と確認され確定診断後1ヵ月以内にARTを開始した18~60歳の男性患者で、ART単独群と、ART+ヒストン脱アセチル化酵素阻害薬ボリノスタット+抗HIVワクチン2種(ChAdV63.HIVconsvおよびMVA.HIVconsvによるプライムブースト)のART+V+V群に無作為に割り付けた。

 主要評価項目は、無作為化後16週および18週時における末梢血CD4陽性T細胞中のHIV DNA量であった。
 2015年6月14日~2017年7月11日の期間に、計60例が無作為に割り付けられ(ART単独群30例、ART+V+V群30例)、全例が試験を完遂した。

ART単独とkick and kill法でHIV DNA量に有意差なし

 無作為化後16週および18週時における平均HIV DNA量(CD4陽性T細胞100万個当たり)は、ART単独群で3.02 log10コピー、ART+V+V群で3.06 log10コピーであり、両群間に有意差は認められなかった(平均群間差:0.04 log10コピー、95%信頼区間[CI]:-0.03~0.11、p=0.26)。

 治療に関連した重篤な有害事象は確認されなかった。

 なお、著者は「今回の結果は、kick and kill法が間違っていることを証明したわけではない。今後は、“kick”と“kill”の両方の薬剤を増強し、さらなる研究が必要である」とまとめている。

(医学ライター 吉尾 幸恵)