ピオグリタゾンと膀胱がんリスク関連なし~欧州38万人の解析/BMJ

提供元:
ケアネット

ピオグリタゾンと膀胱がんリスク関連なし~欧州38万人の解析/BMJのイメージ

 2型糖尿病患者において、ピオグリタゾンの使用と膀胱がんのリスクに関連性はなく、ピオグリタゾンを長期間使用しても膀胱がんのリスクは増加しない。フィンランド・EPID ResearchのPasi Korhonen氏らが、欧州医薬品庁の要請で行った欧州4ヵ国での後ろ向きコホート研究で明らかにした。これまで多くの疫学研究でピオグリタゾンによる膀胱がんのリスク増加が報告されてきたが、なかには割り付けバイアスあるいは膀胱がんの危険因子に関する情報不足が認められた研究もあった。一方、最近ではピオグリタゾンと膀胱がんリスクとの関連はないという大規模長期追跡研究も報告されているが、今回も同様の結果であった。著者は、「欧州におけるピオグリタゾンの安全性に関する重要情報が上積みされた」とまとめている。BMJ誌オンライン版2016年8月16日号掲載の報告。

ピオグリタゾン使用例約6万例と非使用例約32万例を解析
 研究グループは、2型糖尿病患者におけるピオグリタゾン使用と膀胱がんとの関連を評価する目的で、欧州4ヵ国(フィンランド、オランダ、スウェーデン、英国)の医療データベースを用い、傾向スコアマッチング法による後ろ向きコホート研究を行った。データには、処方、病院、一般開業医、がんおよび死亡の記録と関連づけられた各国のデータセットが含まれた。

 治療歴および傾向スコアを基に、1対1および1対10でマッチングした2つのコホートを設定。解析対象は、ピオグリタゾンを開始した40歳以上の2型糖尿病患者計5万6,337例を包含したピオグリタゾン群と、ピオグリタゾン以外の糖尿病治療薬を使用した同一国の2型糖尿病患者を包含した対照群で、1対1コホートが5万6,337例、1対10コホートが31万7,109例であった。

 Cox比例ハザードモデルを用い、交絡因子を補正したハザード比と95%信頼区間(CI)を算出するとともに、結果の頑健性を評価する目的で感度解析および層別解析も実施した。

ピオグリタゾン使用で膀胱がんリスクは増大せず、使用期間や累積使用量も関連なし
 コホート登録日の平均年齢は、ピオグリタゾン群63.2歳、対照群の1対1コホートが65.4歳、1対10コホートが66.6歳であった。

 ピオグリタゾン群では、平均追跡期間2.9年において130例の膀胱がんが認められた。一方、対照群における膀胱がんの発症例は、1対1コホートで153例(平均追跡期間2.8年)、1対10コホートで970例(同2.9年)であった。

 膀胱がんの発症リスクについては、ピオグリタゾン群の対照群に対する調整ハザード比は、1対1コホートで0.99(95%CI:0.75~1.30)、1対10コホートで1.00(95%CI:0.83~1.21)であった。

 ピオグリタゾンの使用期間や累積使用量の増加は、膀胱がんのリスクと関連していないことが認められた。1対1コホートにおいて、ピオグリタゾンの使用期間が>48ヵ月群の補正後ハザード比は0.86(95%CI:0.44~1.66)、累積使用量>40,000mg群では0.65(95%CI:0.33~1.26)であった。

(医学ライター 吉尾 幸恵)

専門家はこう見る:CLEAR!ジャーナル四天王

ピオグリタゾンと膀胱がんの関連はいかに…(解説:吉岡 成人 氏)-589

コメンテーター : 吉岡 成人( よしおか なりひと ) 氏

NTT東日本札幌病院 院長

J-CLEAR評議員

原著論文はこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

会員の方へ