NTRK陽性固形がんにTRK阻害薬ラロトレクチニブ発売/バイエル

提供元:ケアネット

印刷ボタン

公開日:2021/07/09

 

 バイエル薬品は、2021年7月7日、NTRK融合遺伝子陽性の進行・再発固形癌の治療薬として、ラロトレクチニブ(製品名:ヴァイトラックビ)を発売したと発表。

 ラロトレクチニブは、NTRK遺伝子融合陽性の進行・再発の固形がん治療に特化したトロポミオシン受容体キナーゼ(TRK)阻害薬として開発された。同剤は、NTRK遺伝子融合を有する成人および小児固形がん患者に対する高い奏効割合と持続的な奏効、NTRK遺伝子融合を有する中枢神経系原発腫瘍に対する高い病勢コントロール率を示している。

 ラロトレクチニブは、すでに米国、英国、EU諸国などで承認を取得しており、日本では2021年3月23日に厚生労働省より製造販売承認を取得していた。内用液についても日本での発売に向けて準備を進めている。

製品概要
・販売名:ヴァイトラックビカプセル 25mg、同 100mg、同 内用液 20mg/mL
・一般名:ラロトレクチニブ硫酸塩(larotrectinib sulfate)
・効能・効果:NTRK融合遺伝子陽性の進行・再発の固形癌
・用法・用量:通常、成人にはラロトレクチニブとして1回100mgを1日2回経口投与する。なお、患者の状態により適宜減量する。通常、小児にはラロトレクチニブとして1回 100mg/m2(体表面積)を1日2回経口投与する。ただし、1回100mgを超えないこと。なお、患者の状態により適宜減量する。
・製造販売承認日:2021年3月23日
・薬価基準収載日:2021年5月19日
・製造販売元:バイエル薬品株式会社
・薬価:ヴァイトラックビ カプセル 25mg 4042.50円、同 100mg 14542.90円 、同 内用液 20mg/mL 2%/1mL 2908.6円
・発売日:ヴァイトラックビ カプセル 25mg、同 100mg(2021年7月7日) 同 内用液 20mg/mL 発売準備中(8月予定)

(ケアネット 細田 雅之)