COVID-19治療でシクレソニドの推奨見直し/厚生労働省

提供元:ケアネット

印刷ボタン

公開日:2021/01/07

 

 2020年12月25日、厚生労働省は「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き・第4.1版」を公開した。

 同手引きは診療の手引き検討委員会が中心となって作成され、第1版は3月17日に、第2版は5月18日に、第3版は9月4日に、第4版は12月4日に公表され、今回重要事項について大きく3点で加筆が行われた(なお、この手引きは2020年12月23日現在の情報を基に作成。今後の知見に応じ、内容に修正が必要となる場合がある)。

■主な改訂点
【病原体・疫学】
・国内発生状況の内容を追記(12月23日までの情報に更新)
【臨床像】
・「重症化のリスク因子」の中で、重症化のリスク因子に「悪性腫瘍」「2型糖尿病」「脂質異常症」「喫煙」「固形臓器移植後の免疫不全」を追記
【薬物療法】
・「薬物療法」中の「その他の薬剤例」でシクレソニドにつき、「無症状・軽症の患者には推奨されない」を追記

(ケアネット 稲川 進)

参考文献・参考サイトはこちら