「代謝的に健康な肥満者」の特徴と予想されるリスク

提供元:
ケアネット

「代謝的に健康な肥満者」の特徴と予想されるリスクのイメージ

 「代謝的に健康な肥満者」については不明な点が多く、意見が分かれている。今回、スウェーデン・スコーネ大学のJohan Korduner氏らが調査したところ、「代謝的に健康な肥満者」は「代謝的に不健康な肥満者」に比べて身体活動度が高く、脂質および血糖プロファイルが良好で、約20年の追跡調査での全死亡および心血管(CV)リスクが低かった。また、非肥満者と比べると全死亡およびCVリスクに有意差がみられなかった。Obesity Research & Clinical Practice誌オンライン版2019年11月8日号に掲載。

 本研究は、スウェーデンのMalmo diet cancer study(2万8,403人)の参加者から選択した肥満者3,812人の横断分析。ベースライン前に身体的疾患のための入院記録がない肥満者(1,182人)を「代謝的に健康な肥満者」(metabolically healthy obesity:MHO)、1回以上入院したことのある肥満者(2,630人)を「代謝的に不健康な肥満者」(metabolically unhealthy obesity:MUO)として比較し、さらに非肥満者(non-obese cohort control:NOC、2万4,591人)と比較した。また、全死亡リスク、CVリスクも予測した。

 主な結果は以下のとおり。

・MHOはMUOと比較して、座りがちな生活様式の割合が有意に低く(p=0.009)、HbA1c(p=0.012)、空腹時血糖(p=0.001)、トリグリセライド(p=0.011)も有意に低かった。
・Cox回帰分析(追跡期間:20±6年)の結果、MHOはMUOと比較して全死亡リスク(p=0.001)、CVリスク(p=0.001)とも有意に低かった。
・MHOとNOCとを比較すると、全死亡リスクもCVリスクも有意な差はなかった。

(ケアネット 金沢 浩子)

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

会員の方へ