お知らせがあります。

  • 2020/04/07新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を受け、さらなる感染拡大防止への協力、およびビジネスの継続・維持のため、一時的に電話サポート窓口を休止し、メールにて対応させていただくことになりました。
    お問い合わせにつきましては、各サービスお問い合わせ先に記載されているメールアドレス、またはお問い合わせフォームにてご連絡くださいますようお願いいたします。

    電話窓口休止期間:2020年4月8日(水)~2020年5月6日(水)

    また、お問い合わせ状況によりメールによるご返信までにお日にちをいただく可能性がございますので、あらかじめご了承くださいませ。
    ご利用中の皆さまにはご迷惑をお掛けすることもあるかと存じますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
Close

Amazonレビューから日焼け止め製品の人気と購入傾向を調査

提供元:ケアネット

印刷ボタン

公開日:2016/08/16

 

 日焼け止め製品は、皮膚がんリスクの低下、日焼け回避、光老化の緩和、また光線過敏症の治療に役立つ。米国・ノースウェスタン大学のShuai Xu氏らは、皮膚科医が適切な日焼け予防を指導するのに役立つ情報を提供するため、Amazon通販サイトの情報を解析し、消費者の購入傾向、人気の製品の特色などを調べた。結果、販売製品総数は6,500に上ること、平均評価が星4つ以上だった65製品を調べたところ米国皮膚科学会(AAD)ガイドラインに準拠しない製品が4割を占め、価格のばらつきは30倍、カスタマーレビューでは美容性(cosmetic elegance)を評価するコメントが最も多い、などが明らかになったという。結果を踏まえて著者は、「皮膚科医はレコメンデーションの際に、美容性、価格、AADガイドラインの重要性をバランスよく行うことが必要である」とまとめている。JAMA Dermatology誌2016年8月1日号の掲載報告。

 研究グループは、消費者が高評価する日焼け止め製品の特徴、最もよくみられた肯定的または否定的なコメントの特色を調べる検討を行った。2015年12月時点でAmazon.com上の日焼け止め製品でトップ1パーセンタイルに該当するもの(カスタマーレビューで平均評価が星4つ以上、書き込み多数)を選び、各製品のデータを製品ページおよび製造者アピールから集めた。また、星5つの評価を付けていたレビューを解析し、合意に基づく質的コーディングシェーマによってコード化し、肯定的・否定的記述をカスタマーコメントに従って6つの大カテゴリ(入手のしやすさ、美容性、独立した評価、製品成分、製品機能、皮膚タイプの適合性)に分類した。

 Kruskal-Wallis検定によって各製品の特徴(AAD基準、SPF、媒材など)がオンス当たり価格を予測しうるかどうかを調べた。また、大テーマおよびサブテーマによる分類ごとのコメント数(%)を調べ、実際のコメント例も集約した。

 主な結果は以下のとおり。

・Amazon.comのオンラインカタログ上で、日焼け止めに分類された製品は6,500あった。
・評価した65製品のうち、オンス当たり価格の中央値は3.32ドル(範囲:0.68~23.47ドル)であった。価格のばらつきは3,000%超で、製品に関するばらつきで最も顕著な要因であった。
・40%(26/65製品)が、AADガイドライン(広域スペクトル、SPF≧30、耐水性)に準拠していなかった。とくに耐水性が基準に満たないものが多くを占めた。
・媒材、AAD、日焼け止めタイプは、オンス当たりの高価格を予測した。
・肯定的特徴として最も列記されていたコメントは美容性についてで(61%、198/325コメント)、次いで製品機能(45%、146/325コメント)、皮膚タイプの適合性(24%、78/325コメント)であった。

(ケアネット)