ニュース 感染症内科 ニュースアーカイブ

治療で血漿中HIVさえ抑えればコンドームだって不要(解説:岡慎一氏)-1097

U=Uを科学的に証明した論文である。ずっと昔は、HIV感染者は、性行為をしてはいけない雰囲気があった。治療が良くなり感染リスクが下がっても、万が一のため、コンドームはしよう、というsafer sexキャンペーンが長らく行われていた。HIV感染者からすると、…

CLEAR!ジャーナル四天王

中国の研究チームがヒトスジシマカの根絶に成功

 ジカやデング、西ナイルウイルス、チクングニアなどのウイルスは、蚊を介してヒトに伝播する。中山大学(中国)の研究グループは、生殖能力を奪う細菌に雄の蚊を感染させ、雌の蚊には放射線を照射して不妊化する手法を組み合わせることで、ヒトスジシマカ…

医療一般

ART実施のHIV陽性者、同性間でコンドーム不使用でも伝播せず/Lancet

 抗レトロウイルス薬療法(ART)によりウイルス量が抑制されているHIV陽性の男性同性愛者が、HIV陰性の同性パートナーとコンドームを使用せずに性行為を行っても、陰性パートナーへのHIV伝播リスクはゼロであることが示唆されたという。英国・ユニバーシテ…

ジャーナル四天王

妊娠中の新型インフルワクチン接種、出生児5歳までのアウトカム/BMJ

 妊娠中に受けた2009年パンデミックH1N1(pH1N1)インフルエンザワクチン接種と、出生児の5歳までの健康アウトカムについて、ほとんど関連性は認められないことが、カナダ・オタワ大学のLaura K. Walsh氏らにより報告された。10万例超の出生児を対象に行っ…

ジャーナル四天王

Evidence Based Medicine追求への神髄を見た(解説:岡慎一氏)-1092

ホルモン薬を使った避妊方法はいくつかある。その中で、黄体ホルモン製剤であるメドロキシプロゲステロン酢酸エステル剤の筋注薬は、避妊には有効であるが、30年来の観察研究からHIV感染のリスクを高める可能性があるとされていた。とくに、2つのメタアナリ…

CLEAR!ジャーナル四天王

アジアの非喫煙女性の肺腺がんの危険因子

 アジアの非喫煙女性において、結核が肺がん発生の危険因子であることを支持する研究結果が、米国・国立がん研究所のJason Y. Y. Wong氏らにより報告された。この研究は、Female Lung Cancer Consortium in Asiaにおける結核ゲノムワイド関連解析(GWAS)の…

医療一般

「急性弛緩性脊髄炎」の流行シーズン目前、米CDCが注意喚起

 急性弛緩性脊髄炎(AFM)と呼ばれるポリオに似た疾患の“流行シーズン”を目前に控え、米疾病対策センター(CDC)が全米の医師に注意を喚起している。CDCが発行する「Morbidity and Mortality Weekly Report」7月12日号に発表された報告書によると、米国では…

医療一般

地域全員への抗HIV療法は有効か/NEJM

 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染の予防において、複合的予防介入と地域のガイドラインに準拠した抗レトロウイルス療法(ART)の組み合わせは、標準治療に比べ新規HIV感染を有意に抑制するが、地域住民全員を対象とするARTは標準治療と差がないことが、英…

ジャーナル四天王

重症感染症罹患で脳卒中リスク上昇か

 皮膚や呼吸器、消化器、血流、泌尿器など広範囲にわたる部位の感染症にかかると、脳卒中の発症リスクが高まる可能性があることが、米マウントサイナイ・アイカーン医科大学神経内科准教授のMandip Dhamoon氏らの研究で明らかになった。特に尿路感染症の罹…

医療一般

敗血症診療規則の導入で死亡低減/JAMA

 米国ニューヨーク州の病院は、プロトコール化された敗血症診療(Rory's Regulations)の実施が義務付けられている。米国・ピッツバーグ大学のJeremy M. Kahn氏らは、この診療規則の有効性に関する調査を行い、導入以降ニューヨーク州は、非導入の他州に比…

ジャーナル四天王

Pages

会員の方へ