055)皮膚科医が臨床写真を撮る意義【Dr.デルぽんの診察室観察日記】

公開日:2021/11/17

皮膚科外来では、患者さんの病変部を写真に撮ることがよくあります。これが、カルテの記録だけでなくいろいろな場面で役立つそうです。デルぽん先生がとくに役に立つと感じている場面は…? 

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。