【CASE REPORT】腰椎圧迫骨折後の慢性腰痛症 症例解説

公開日:2013/04/24

本症例では、組織傷害が治癒すると考えられる3ヵ月を経過しても持続痛が増悪・拡大している。オピオイドで一旦改善をみたものの、このような症例に対してオピオイド鎮痛薬を漸増し、さらに頓用併用は適切だったのか? 

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。