第6回 過失相殺:患者の過失はどこまで相殺できるか?

公開日:2012/09/11

診療によって患者さんが亡くなってしまった。自分に非がないと思っても現在の日本の司法は、医療者に過酷な安全要求をしてきます。そんな環境で自分の身を守るために知っておくべきことを医師で弁護士の大磯義一郎氏が丁寧にレクチャーします。 

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。