CVC

Vol. 4 No. 1 HFpEF駆出率の保たれた心不全に対する診断と治療を考える

公開日:2015/08/21

近年、その概念が定着してきた「駆出率が保持された心不全」(HFpEF)。その診断と治療について、鳥取大学病態情報内科 山本一博氏が概説する。 

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。

  • 本コンテンツは株式会社メディシンラトルから提供を受け、転載しています。掲載内容の一部あるいは全部を無断で複写・複製・転載することは法律で認められた例外を除き禁じられています。あらかじめ株式会社メディシンラトルに許諾を求めてください。
  • 掲載内容・編集方針については株式会社メディシンラトルにお問い合わせください。
  • 本コンテンツに関する下記情報は掲載当時のものです。
    [データ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなど]