X染色体遺伝性低リン血症〔XLH:X-linked hypophosphatemic rickets〕

公開日:2017/06/13

X染色体遺伝性低リン血症は、発症頻度が数万人に1人の遺伝性疾患です。患者は成長障害により骨変形、筋力低下などを伴い、長年にわたりQOLが阻害されます。本症の最新知見について道上 敏美氏が解説します。 

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。