重症筋無力症〔MG : Myasthenia gravis〕

公開日:2018/09/25

「重症筋無力症」は、小児と50歳以上で発症がみられ、筋力低下、易疲労感をもたらす自己免疫疾患です。完全寛解率も約9%と低く、患者さんのADL、QOLを著しく低下させます。そして、最近の治療では、QOLを重視した治療目標が注目されているようです。本症の最新の知見を、エキスパートドクターの鵜沢 顕之 氏にアップデートいただきました。「希少疾病ライブラリ」では、最新の疫学、診療、新薬の情報をお届けしています。 

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。