バッド・キアリ症候群〔BCS:Budd-Chiari Syndrome〕

  • 公開日:2018/05/08
企画・制作ケアネット
バッド・キアリ症候群は、肝静脈の主幹などの閉塞や狭窄により門脈亢進症に至る難病です。進行すると肝細胞がんを合併する本症の最新知見を古市好宏氏が解説します。

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)
本コンテンツに関する下記情報は掲載当時のものです。
[データ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなど]

会員の方へ