第30回 低用量アスピリンによる胃潰瘍リスク低減の提案薬【うまくいく!処方提案プラクティス】

公開日:2021/01/06

今回は、低用量アスピリンによる消化管出血の予防についてです。低用量アスピリンはNSAIDsと同様に消化管障害の危険因子ですので、予防投与としてPPIやH2受容体拮抗薬を年齢や腎・肝機能によって使い分けましょう。 

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。