パンデミックで収入が減ると歯の痛みが増える―国内Web調査

提供元:HealthDay News

印刷ボタン

公開日:2021/06/12

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックに伴い、仕事や収入が減った人や失業した人は、歯の痛みを訴えることが多いというデータが報告された。この関連の背景には、精神的ストレスや歯科受診の延期、間食の増加などが関与しているという。東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科国際健康推進医学分野の松山祐輔氏らの研究の結果であり、詳細は「Journal of Dental Research」に4月1日掲載された。
 経済状況や…

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。

[2021年5月17日/HealthDayNews]Copyright (c) 2021 HealthDay. All rights reserved.利用規定はこちら