「グーグル先生」は希少疾患の診断に役立つ?

提供元:
HealthDay News

「グーグル先生」は希少疾患の診断の一助となるようだ。患者がインターネットで検索して見つけた希少疾患の専門医を直接受診しても、医師からの紹介を介して受診した場合と診断される確率は変わらないことが、米ウェイク・フォレスト大学腎臓病学教授のAnthony Bleyer氏らの研究から明らかになった。同大学の常染色体優性尿細管間質性腎疾患(ADTKD)と呼ばれる遺伝性希少疾患の専門施設に紹介された665症例を分析した研究結果は…

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。

[2019年8月19日/HealthDayNews]Copyright (c) 2019 HealthDay. All rights reserved.利用規定はこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

会員の方へ