Medscape

CABG後の抗血小板薬2剤併用療法、抗凝固薬の追加で出血リスク上昇

公開日:2022/05/13

冠動脈バイパス術(CABG)後のアスピリン単独療法または抗血小板薬2剤併用療法(DAPT)に抗凝固薬を追加すると出血リスクが高まることが示唆された。なお、本論文は査読前のものである。

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。

medscape とは?

医療専門ネットワークWebMD社が運営する世界最大の医学情報サイトであり、以下のような情報を日々配信しています。

  • オリジナルコンテンツ:文献レビュー、ジャーナル解説、専門家によるコラム、患者教育記事、書籍レビューなど
  • 学会報道:オピニオンリーダーによる総括、主要学会の発表など

詳しくはこちら

Medscape <https://www.medscape.com/> は登録制(無料)サイトです。ご覧になるには別途登録が必要です。

Medscape メールマガジンのご案内

CareNet.comでは、1ヵ月間に掲載したMedscape翻訳記事をまとめてご紹介する専用メールマガジン「Medscapeマガジン」(月1回)を配信しています。

メールマガジンの配信を希望される方は、下記「会員情報変更」ページにログインし、「メールマガジン 購読の設定」でご登録ください。

会員情報変更ページはこちら

Medscape 循環器内科/心臓血管外科の最新記事