日常診療で出会う高齢者精神障害のみかた

公開日:2012/11/01

高齢化社会の中で認知症、うつ病、幻覚妄想、不安障害などなど多彩な精神疾患を訴える高齢者の患者が増えてきています。それは診療科を選ばず、かかりつけのドクターが端緒となることもしばしば。そんな病態の患者が来院した時に困らないように役立つのが本書です。 

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。