今さら聞けない薬の作用~系統別にコンパクト解説~ 第6回 ワルファリン

公開日:2016/10/28

NOAC登場後も弁膜性心房細動や人工弁置換後の血栓予防に唯一の適応を持ち広く使用されているワルファリン。至適用量に個人差がある理由、相互作用が多い原因とは? 

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。

キーワード