第4回 DICへのアンスロビンP500の査定/セロクエル錠処方に伴うHbA1c検査の査定/腫瘍マーカー検査の査定/C型慢性肝炎検査の査定【レセプト査定の回避術 】

公開日:2018/10/22

今回は、病状詳記がなされていないために査定された事例を紹介します。また、さまざまな臨床検査での多い査定点をレセプト請求の専門家・櫻井雅彦氏(三井記念病院医師支援部)が解説します。 

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。