第3回 カリメート処方が査定/ヘリコバクター・ピロリ感染症での査定/心筋梗塞でのH-FABP検査の査定/自己免疫疾患の臨床検査での査定【レセプト査定の回避術 】

公開日:2018/09/14

せっかく検査をしても「病名」の記載忘れや検査の有効範囲を超えたなどで査定された経験はないでしょうか。今回は、こうした例をレセプト請求の専門家・櫻井雅彦氏(三井記念病院医師支援部)が解説します。 

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。