新型コロナ危機に直面した米国ニューヨークの今【臨床留学通信 from NY】番外編3

公開日:2020/04/24

コロナ激震地となったニューヨークで内科レジデントとして勤務する日本人医師、工野俊樹氏のレポート。患者総数が25万人超の当地でも、治療法は依然手探り状態。コロナの不気味さがよくわかります。 

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。