CVC

Vol. 2 No. 3 肺高血圧症とは 肺高血圧症の発症機序に関する最新知見と臨床分類

公開日:2014/07/24

2002年にフランスで初めて施行され、世界的に急速に普及しつつある経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)。その現状と将来の展望について、慶應義塾大学 林田健太郎氏が紹介する。 

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。

  • 本コンテンツは株式会社メディシンラトルから提供を受け、転載しています。掲載内容の一部あるいは全部を無断で複写・複製・転載することは法律で認められた例外を除き禁じられています。あらかじめ株式会社メディシンラトルに許諾を求めてください。
  • 掲載内容・編集方針については株式会社メディシンラトルにお問い合わせください。
  • 本コンテンツに関する下記情報は掲載当時のものです。
    [データ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなど]