脊髄性筋萎縮症〔SMA:spinal muscular atrophy〕

公開日:2019/02/26

脊髄性筋萎縮症は、脊髄の運動神経細胞が選択的に障害される疾患で、小児で発症すると2歳まで生きることが難しい疾患です。本症の最新知見を新薬を含め齋藤加代子氏が解説します。 

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。