非典型溶血性尿毒症症候群〔aHUS :atypical hemolytic uremic syndrome〕

公開日:2020/04/14

非典型溶血性尿毒症症候群は、貧血、血小板減少、血栓による臓器障害が特徴の疾患です。治療では、血漿交換や血液透析のほか、抗体医薬品の治療薬も登場しています。本症の最新知見を丸山彰一典氏が解説します。 

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。