お知らせがあります。

  • 2020/07/06【上部メニュー変更のお知らせ】
    2020年7月15日より、CareNet.com PC版の画面上部にあるメニュー項目の右端に表示されている「論文検索」が移動いたします。
    移動後は「PubMed CLOUD」と名称を変更して、「ニュース/論文」の項目をクリックした後に表示されます。
  • 2020/06/30 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止への協力として、テレワークを実施しておりますため、弊社カスタマーセンターの電話サポート窓口の休止期間を延長させていただきます。
    お問い合わせにつきましては、各サービスお問い合わせ先に記載されているメールアドレス、またはお問い合わせフォームにてご連絡くださいますようお願いいたします。

    電話窓口休止期間:2020年4月8日(水)~2020年7月31日(金)
    ※状況により、期間を変更する場合もございます。

    また、お問い合わせ状況によりメールによるご返信までにお日にちをいただく可能性がございますので、あらかじめご了承くださいませ。
    ご利用中の皆さまにはご迷惑をお掛けすることもあるかと存じますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
Close

魚油の成分が糖尿病網膜症を抑制する可能性――名古屋大

提供元:HealthDay News

印刷ボタン

公開日:2020/04/03

 

 オメガ3脂肪酸のエイコサペンタエン酸(EPA)が、糖尿病網膜症に有効な可能性が報告された。EPAが代謝されてできる物質が網膜において脳由来神経栄養因子(BDNF)の産生を刺激し、網膜神経細胞の障害が抑制されるという。名古屋大学大学院医学系研究科眼科学の兼子裕規氏らの研究によるもので、詳細は「Diabetes」2月6日オンライン版に掲載された。

 糖尿病の合併症として起きる糖尿病網膜症は、治療が進歩した現在もなお、日本を含む先進国で成人の失明原因の上位に位置する。眼底検査での診断に先行して網膜の神経細胞の障害が始まるとされ、神経細胞が不可逆的に変化し始めるよりも前からの神経保護的な早期治療が重要と考えられている。

 一方、EPAは多価不飽和脂肪酸の一種で、魚油に豊富に含まれている必須脂肪酸。EPAの内服によって脳の視床下部ではBDNFの産生が増えることが報告されている。兼子氏らの研究は、EPAが眼内でもBDNF産生を増やし視機能を改善する可能性を検討したもの。

 ラットを3群に分け、2群はストレプトゾトシン(STZ)という薬剤で糖尿病を誘発。そのうち1群はEPAを5%含む餌で飼育し(EPA群)、他の1群(STZ群)とSTZを投与しない比較対照群は、ひまわり油を5%含む餌で飼育した。8週間後、STZ群とEPA群は対照群に比し、高血糖と体重減少が見られ、ケトーシス(糖質利用が低下している状態)も観察された。

 網脈絡膜(網膜と網膜の下にある脈絡膜)のサンプルを検討すると、STZ群では酸化ストレスが亢進しBDNF産生が低下していた。しかしEPA群ではそれらの変化が明らかに抑制されていた。また、網膜電図を用いた検討でも、網膜内神経細胞の1つであるアマクリン細胞の機能を反映する律動様小波がSTZ群で減弱したが、EPA群ではその減弱が軽減されていた。よって、EPA内服により、全身の糖尿病状態は改善されないものの、網膜に対しては保護的に働くことがわかった。

 網脈絡膜のサンプル解析からは、いくつかのEPA代謝産物が見つかった。それらを用いた細胞実験にて、どの代謝産物がBDNF産生を刺激するのかを検討したところ、18-HEPEという代謝産物のみがBDNFの産生を増加させた。

 そこで次に、18-HEPEまたは同量の緩衝液を眼球の硝子体に注射するという実験を行った。その結果、18-HEPEを注射した群で網膜電図の律動様小波が改善し、網膜内BDNF産生の増加が認められた。

 これら一連の結果を踏まえ研究グループでは、「EPA内服によってBDNF産生が増加し網膜神経細胞障害が改善された。またEPA は体内で18-HEPEに代謝され作用していることがわかった。早期の糖尿病網膜症において、EPAの内服が網膜機能障害を抑制する可能性が示唆される」とまとめている。

[2020年3月9日/HealthDayNews]Copyright (c) 2020 HealthDay. All rights reserved.利用規定はこちら