お知らせがあります。

  • 2021/03/01論文を日本語で検索できる『PubMed CLOUD』のスマートフォンサイトが、新しくオープンいたしました。
    スマートフォンでも使いやすくなりましたので、ぜひご利用ください。
    (PC・タブレットではPCサイトが表示されます)
Close

大腸がんリスクに対する肥満の影響に男女差か

提供元:HealthDay News

印刷ボタン

公開日:2021/01/21

 

 男性と女性では、体のどこに脂肪が多いかにより大腸がんリスクに与える影響が異なることを、英ブリストル大学細胞分子医学科のEmma E. Vincent氏らが報告した。この研究の詳細は、「BMC Medicine」に12月17日報告された。

 Vincent氏らは、5万8,221人の大腸がん患者および6万7,694人の大腸がんではない対照群のデータを解析した。解析にはメンデルのランダム化法を用い、遺伝情報を体重の代替指標とすることで、BMIとウエスト・ヒップ比(WHR)の2つの体脂肪の指標が、男性と女性の大腸がんリスクに及ぼす影響を検討した。BMIは体内の脂肪量の尺度であり、WHRは腹部脂肪の尺度である。

 その結果、男性ではBMIが高いほど、大腸がんリスクが高まることが明らかになった。具体的には、男性ではBMIが4.2kg/m2増加すると大腸がんリスクが23%上昇したのに対して、女性ではBMI 5.2kg/m2の増加に対するリスク増加は9%であった。

 一方、女性ではWHRが高いほど大腸がんリスクが高まることが判明した。すなわち、女性ではWHRが0.07増加すると大腸がんリスクが25%増加したのに対し、男性でのリスク増加はわずか5%であった。

 こうした結果を踏まえてVincent氏は、「体脂肪と大腸がんリスクの関連の男女間での違いを検討したものとしては過去最大規模であるこの研究により、がんの予防には、男女差に配慮したアプローチが必要であることが明らかになった」と結論付けている。

 研究グループは現在、体脂肪の増加が大腸がんを引き起こす機序の解明に取り組んでいるという。「その結果次第では、大腸がんリスクの低減につながる新たなターゲットが見つかる可能性がある」とVincent氏は述べている。

 英Cancer Research UKの健康情報マネージャーであるNatasha Paton氏は、「健康的な体重の維持が、多くのがん種に影響を与えることに関しては、多くのエビデンスがある」と話す。そして、「これまでに実施された、過体重とがんを関連付ける研究の大半は、BMIを指標として用いていた。しかし、この研究は、BMIに加えて腰の周りの過剰な脂肪も指標として重要であることを、エビデンスに付け加えるものだ」と評価している。

 Paton氏は、「大腸がんリスクは、健康的な体重を維持し、食物繊維を多く含み、赤肉や加工肉を減らした食生活により低減可能だ。それに加え、飲酒量を減らし、喫煙しないことも重要だ」と話す。また、大腸がんの場合、早期診断が非常に重要であることを指摘し、「排便習慣が変化した場合には、医師に相談し、スクリーニングを受けることをお勧めする」と助言している。

[2020年12月22日/HealthDayNews]Copyright (c) 2020 HealthDay. All rights reserved.利用規定はこちら