減量による2型糖尿病の寛解率は意外に高い?

提供元:
HealthDay News

減量による2型糖尿病の寛解率は意外に高い?のイメージ

 2型糖尿病患者にとって明るいニュースが英国から報告された。健康を取り戻すために大幅に減量する必要はなく、5年間で体重の10%を減らすだけで、2型糖尿病が寛解し得るという。英ケンブリッジ大学のHajira Dambha-Miller氏らによるこの研究結果は、「Diabetic Medicine」9月3日オンライン版に掲載された。

 Dambha-Miller氏らは、2型糖尿病のスクリーニングによる死亡リスク抑制効果を検証したADDITION-Cambridge研究の登録者のうち、新たに糖尿病と診断された867人(40~69歳)を対象に前向きコホート研究を実施。体重の変化と糖尿病の寛解の関係を調べた。糖尿病の寛解は、糖尿病用薬または減量手術によらずHbA1c6.5%未満を達成した者と定義した。対象者の平均年齢は61歳、男性が61%だった。

 追跡期間5年で257人(30%)に糖尿病の寛解がみられた。糖尿病の診断から1年後に体重が変化していなかった人の糖尿病寛解率を基準として、ベースラインの体重、年齢、性別、経済状態などで調整し、減量達成レベル別に寛解率を比較すると、10%以上の減量を達成していた人は寛解に至る頻度が77%有意に高いことがわかった(リスク比1.77、P<0.01)。また、診断から1~5年かけて10%以上減量した人(同2.43、P<0.01)や、5~10%減量した人(同1.43、P=0.02)の寛解率も有意に高かった。

 この結果からDambha-Miller氏は「多少の減量でも寛解につながり得る。極端なダイエットは必要ではない」とし、「2型糖尿病はもはや生涯続く疾患ではない。減量してその体重を維持すれば、本質的に治癒し得るものである」と述べている。

 2型糖尿病は世界で4億人が罹患しており、一般的には慢性で進行性の疾患とみなされている。その一方で、摂取エネルギー量を1日700kcal未満にするといった極端な食事療法による減量で、2型糖尿病患者の90%近くが寛解し得るという報告も見られる。しかし、本論文の著者らは、寛解はそれほど難しいことではないとしている。

 Dambha-Miller氏によると、「寛解導入に関するこれまでのエビデンスは、極端な運動や規制の多い食事療法の必要性を示唆しているが、多くの患者にとってそのような方法は現実的でない。今回の研究では実臨床で継続可能な中等度の減量の長期的な効果を調べた」という。実際に、本研究では特別な介入は行っておらず、同氏は「参加者はそれぞれ異なる方法で減量を達成し糖尿病を寛解させることができた」と述べている。

 米デトロイト医療センターのBerhane Seyoum氏は、この研究には関与していないが、「これは糖尿病患者にとって励みになる知見だ。自分がやりやすい方法で取り組めば良いのだから」とコメントするとともに、「減量の程度によらず、身体のインスリン感受性は高まり、糖尿病管理に好影響をもたらす」と語っている。

[2019年10月4日/HealthDayNews]Copyright (c) 2019 HealthDay. All rights reserved.利用規定はこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

会員の方へ