「人生最初の記憶」は思い込みに過ぎない?

提供元:
HealthDay News

「人生最初の記憶」は思い込みに過ぎない?のイメージ

 人生で最初の記憶は、本物ではなく思い込みに過ぎないかもしれない―。英ロンドン大学や英ブラッドフォード大学などの研究グループが、6,600人を超える成人を対象に人生最初の記憶について調査した結果、約4割の人は2歳以前の記憶があると回答しており、そうした記憶の多くは架空なものである可能性が示された。研究の詳細は「Psychological Science」7月17日オンライン版に掲載された。

 これまでの研究で、最も古い記憶は3歳から3歳半くらいで形成されることが示唆されている。ブラッドフォード大学のShazia Akhtar氏らは今回の研究で、6,641人の成人を対象に、最も古い記憶がどんなもので、何歳ごろのものであったのかを尋ねた。回答の際には、幼いころの写真や家族の話などを情報源とした記憶ではなく、自分が経験したと確信できる記憶に限って報告してもらった。次に同氏らは、報告された記憶の記述を詳細に分析し、記憶は本物だと主張する理由について検討した。

 その結果、約4割の参加者(2,487人)は2歳以前の記憶があると回答しており、1歳以前の記憶があるとする回答(892人、約13%)もみられた。また、こうした報告を詳細に調べたところ、2歳以前の記憶は実際の出来事ではなく、写真や家族の話をもとにした架空のものが多いと考えられた。さらに、2歳以前の記憶を本物だと確信している人は、中年期以降の人で多くみられたという。

 Akhtar氏は「こうした誤った記憶は、小さいころに乗ったベビーカーや悲しい気持ちといった乳児期から幼少期の体験の断片で作り上げられたものだ」と話している。同氏によれば、こうした記憶には後に想像した詳細な情報が付け加えられることもあるという。

 論文の共著者であるロンドン大学のMartin Conway氏は「今回報告された記憶を徹底的に調べたところ、こうした人生最初の記憶の多くは、ベビーカーなどの幼少期に典型的な事柄に関連していた」と指摘する。例えば、誰かから「母親は大きな緑色のベビーカーを持っていた」という話を聞き、それがどのようなものだったかを想像するうちに、その断片が記憶として認識され、さらに情報が加えられていくと、同氏は説明している。

 さらに、Conway氏は「今回の研究で重要なのは、多くの人はこうした人生最初の記憶が架空のものだと気づいていないことだ。実際に、その記憶は本物ではないと言われても信じない人が多い」と話している。

[2018年7月19日/HealthDayNews]Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.利用規定はこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)