血中ビタミンD濃度低いと間質性肺疾患リスク増

提供元:
HealthDay News

血中ビタミンD濃度低いと間質性肺疾患リスク増のイメージ

 ビタミンDは骨の健康維持に欠かせない栄養素の一つだが、血中25(OH)D濃度が低いと間質性肺疾患(ILD)を発症するリスクが高まる可能性のあることが、新たな研究で示された。研究の詳細は「Journal of Nutrition」… [続きを読む]

[2018年6月25日/HealthDayNews]Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.利用規定はこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)