Medscape

進行大腸がんにおける免疫療法薬併用の延命効果

  • 公開日:2019/02/06
ミスマッチ修復欠損のない進行難治性大腸がんに、デュルバルマブ(抗PD-L1抗体)とtremelimumab(抗CTLA-4抗体)の併用で全生存期間の改善が示された。GICS2019にて発表。

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。

medscape とは?

医療専門ネットワークWebMD社が運営する世界最大の医学情報サイトであり、以下のような情報を日々配信しています。

  • オリジナルコンテンツ:文献レビュー、ジャーナル解説、専門家によるコラム、患者教育記事、書籍レビューなど
  • 学会報道:オピニオンリーダーによる総括、主要学会の発表など

詳しくはこちら

Medscape メールマガジンのご案内

CareNet.comでは、1ヵ月間に掲載したMedscape翻訳記事をまとめてご紹介する専用メールマガジン「Medscapeマガジン」(月1回)を配信しています。

メールマガジンの配信を希望される方は、下記「会員情報変更」ページにログインし、「メールマガジン 購読の設定」でご登録ください。

会員情報変更ページはこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)
本コンテンツに関する下記情報は掲載当時のものです。
[データ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなど]

会員の方へ