フリーワード検索:

激辛!伊賀流心臓塾<第3巻>

循環器非専門医に必要十分な診療とは何か!

シリーズ名
激辛!伊賀流心臓塾シリーズ
診療科
循環器内科/心臓血管外科 
収録内容
第6回「高血圧について 薬剤選択よりも大切なこと」
第7回「不整脈知ってたらものすごい楽ですね!」
第8回「避けては通れない臨床倫理の肝」
講師
伊賀 幹二
収録時間
84 分
価格
5,000円 +税
発行日
2005-09-09
商品コード
CND0036

※第1巻は「激辛!伊賀流心臓塾(第1巻)≪増補改訂版≫」となります。

第6回「高血圧について 薬剤選択よりも大切なこと」


自覚症状のない高血圧症においては、患者さん自身が治療途中でドロップアウトしてしまうケースが非常に多いのが実状ではないでしょうか。「どのような薬剤を選択するか」も大切ですが、それよりも、「患者さんに治療へのモチベーションを持っていただき、正しく治療を継続してもらうこと」の方が、はるかに重要であると伊賀先生は言います。番組では、薬剤治療だけでなく、高血圧治療に不可欠な減塩や運動療法についても患者自身が納得して治療を継続できるような様々な知恵を紹介していきますその他、二次性高血圧除外のための検査はどこまでするべきか、伊賀流禁煙指導法、白衣高血圧への対処、そして第一選択薬についてなど、皆様の疑問にズバリお答えします。
【今回の症例】
45歳男性。症状なし。5〜6年前の検診からいつも血圧160〜170/ 100であった。2年前に某総合病院を受診して降圧剤を処方されたが、1ヶ月で服用を自己中止する。今回、昇進試験を控え、会社から再診の指示があり当院を受診。心拍数は70、末梢動脈はすべて触知。その他の特記すべき所見なし。

第7回「不整脈知ってたらものすごい楽ですね!」
ひとくちに動悸といっても、速いものから遅いもの、また規則的なものから不規則なものまで様々なタイプのものがあり、それらを患者さんが総称して「動悸」と呼んでいる…ということは、「第0回=イントロダクション」でもお伝えしました。
伊賀先生は、「的確に病歴を聴取することでほとんどの動悸の原因はわかる」と言います。そして、動悸の原因を特定せずに安易に不整脈薬などを処方することは厳に慎むべきとのこと。今回は、プライマリ・ケア医もぜひ知っておくべき動悸や不整脈特に日常よく遭遇する期外収縮、不整脈薬の使い方などについて核心を突いた解説をします。
【今回の症例】
65歳男性。2〜3年前から時々、特に夜間に「動悸」を感じていた。平地歩行や階段歩行では動悸も息切れもなし。血圧正常で、過剰心音、心雑音なく、胸部X線、心電図、一般採血も正常。

第8回「避けては通れない臨床倫理の肝」
6センチ大の腹部大動脈瘤が偶然発見されたとします。純粋に「医学的適応」のみ考えれば手術するのが妥当であり、手術の目的は突然死を予防することです。ただ、手術したからといって日常生活に変化があるわけではなく、逆に手術しないからといって痛みや症状があるわけでもありません。このようなとき主治医は、「医学的な判断のみにとどまらず、患者の死生観や希望、そして家族の希望や経済的因子、生活の質の変化など、さまざまな背景を踏まえた総合的な判断を抜きにして決定をくだすことはできないと伊賀先生は言います。
今回は、プライマリ・ケア医にとって避けては通れない臨床倫理をテーマに、その考え方や判断因子の整理の仕方などを学んでいきます。
【今回の症例】
85歳男性。元来無症状であった。上腹部痛から肝腫瘍疑いでCT検査を施行されたが肝腫瘍ではなく、腎動脈直下から始まる6.0cmの腹部動脈瘤を指摘された。血圧、バイタルサイン等は正常。

伊賀 幹二 ( いが かんじ )氏 伊賀内科・循環器科 院長

大阪医科大学卒業後、同第三内科研修医、天理よろづ相談所病院内科ローテイトレジデント、同病院チーフレジデント(初代)、同病院循環器内科医員、英国 National Heart Hospital等を経て、 1994年より同病院内科系マネージングドクター(研修責任者)を務める。2001年より西宮で開業し、多くの患者に 接する傍ら、後進育成にも力を注いでいる。

関連商品

会員の方へ