お知らせがあります。

  • 2020/06/30 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止への協力として、テレワークを実施しておりますため、弊社カスタマーセンターの電話サポート窓口の休止期間を延長させていただきます。
    お問い合わせにつきましては、各サービスお問い合わせ先に記載されているメールアドレス、またはお問い合わせフォームにてご連絡くださいますようお願いいたします。

    電話窓口休止期間:2020年4月8日(水)~2020年7月31日(金)
    ※状況により、期間を変更する場合もございます。

    また、お問い合わせ状況によりメールによるご返信までにお日にちをいただく可能性がございますので、あらかじめご了承くださいませ。
    ご利用中の皆さまにはご迷惑をお掛けすることもあるかと存じますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
Close

フリーワード検索:

Dr.東田の病態生理学 自由自在! [糖尿病編]

病気の仕組みを“究極の講義”で理解する!

シリーズ名
Dr.東田の病態生理学 自由自在!
診療科
糖尿病・代謝・内分泌科 
収録内容
第1回「総論」
第2回「診断と症状」
第3回「治療」
講師
東田 俊彦
収録時間
110分
価格
30,000円 +税
発行日
2009-06-08
商品コード
CNPA003

[糖尿病編]
病気の仕組みを理解し原因を解き明かす病態生理学。 「複雑で難しい・・・」と苦手意識がある人は多いでしょう。このDVDでは、患者ケアをする際に必要不可欠な病態生理について、わかりやすく、かつ楽しく、解説します。
従来の病態生理学の教材にはない、病気の意外なエピソードから始まり、身近な物事や面白い例え話も交えた、まさに痒いところに手が届く、”究極”の講義!いつの間にか病気の本質や仕組みを面白いほど理解していて、丸暗記という苦痛から開放されているはずです。
医師・看護師をはじめ,臨床現場に携わるすべての医療従事者にオススメします!

第1回 総論


・そもそも糖尿病とは何か (尿に糖が出る病気?)
・三大栄養素 (エネルギー(ATP)になる3つの栄養素)
・細胞の栄養摂取の仕組み ( グルコースが細胞に摂り込まれるまで)
・糖尿病のメカニズム (「栄養が良い病気」ではない!)
・細胞内に摂取された三大栄養素の分解 (いずれもクエン酸回路を介してATPに)
・細胞のグルコース摂取とインスリン (重要な細胞から優先的にグルコース摂取)
・血糖値(BS : Blood Sugar) について (糖尿病と血糖値の関係は?)
・血糖値を調整するホルモン (血糖値を50?140 mg/dlに収めるために)
・インスリンの合成・分泌 (膵臓の内分泌機能により生成)
・尿糖が発生するメカニズム ( なぜ尿中に糖が排泄されるのか?)
・【参考】尿検査について (尿に角砂糖を溶かせば糖尿病?)
・糖尿病のメカニズム (「栄養が良い病気」ではない!)

第2回 診断と症状

・糖尿病の現状 (増えつづける糖尿病患者)
・糖尿病の分類 (糖尿病は3種類に大別される)
・“その他”に分類される糖尿病の原因 ( 他の症状に伴って発病するタイプ)
・1型糖尿病 原因とメカニズム ( 自己免疫によって発症するタイプ)
・2型糖尿病 原因とメカニズム (遺伝的素因+生活習慣によって発症)
・糖尿病の診断 ①血糖値 (糖尿病の主たる診断基準は血糖値)
・糖尿病の診断 ②補足的な検査 (診断におけるその他の検査)
・1型糖尿病と2型糖尿病の鑑別診断 ( 治療法が異なるので、明確に区別すべき)
・糖尿病の診断基準 ( 検査数値と症状)
・糖尿病の合併症①口渇・多飲・多尿・体重減少 (糖尿病の古典的症状)
・糖尿病の合併症②網膜症・腎症・神経障害 (糖尿病の三徴(三大合併症;Triopathy))
・糖尿病の合併症③動脈硬化性病変・感染症など (その他の重篤な合併症)

第3回 治療

・細胞の栄養摂取 (グルコースが細胞に摂り込まれるまで)
・糖尿病の諸症状の原因 (糖尿病治療の根幹は?)
・1型糖尿病の治療法 (1型:自己免疫によりラ氏島B細胞が破壊)
・2型糖尿病の治療法 (2型:生活習慣(過食)が関与する糖尿病)
・食事療法の基本 (1型と2型で方針が異なる)
・運動療法の基本 (激しい運動をするわけではない)
・インスリンの投与方法 ( 頓服しても効きません・・・)
・糖尿病の経口薬① (インスリン分泌促進薬)
・糖尿病の経口薬② (インスリン抵抗性改善薬)
・糖尿病の経口薬③ (ブドウ糖吸収阻害薬)

東田 俊彦 ( ひがしだ としひこ )氏 MAC/Medical Academy Corporation

慶應義塾大学医学部卒業後、東京女子医科大学医学部内科系大学院で臨床・研究に携わる。朝日新聞、日本経済新聞などで「医師国家試験の神様」と紹介され、「その講義は究極である」との高い評価を受ける。 著書:『必修・禁忌完全攻略』『医師国試<完全攻略>臓器別総整理シリーズ・全10巻』(日本医事新報社)など多数。