お役立ち 臨床に役立つコンテンツ集 著名医師へのインタビュー記事、対談のほか医学生や研修医向けのコンテンツなど、役立つコンテンツが満載

悪性関節リウマチ(MRA:malignant rheumatoid arthritis)

悪性関節リウマチ(MRA:malignant rheumatoid arthritis)のイメージ

悪性関節リウマチは、60代の女性に多く発症する難病です。とくに全身性動脈炎型では生命予後にも影響する本疾患の最新知見を有村義宏氏が解説します。

最終更新:2018/10/09

新たな薬剤、デバイスが続々登場する心不全治療(後編)【東大心不全】

新たな薬剤、デバイスが続々登場する心不全治療(後編)【東大心不全】のイメージ

増加する心不全にどう対応していくべきか。東京大学の取り組みを取り上げる。第4回は金子英弘氏への単独インタビュー。

最終更新:2018/10/01

サルコペニア、カヘキシア…心不全リスク因子の最新知識【東大心不全】

サルコペニア、カヘキシア…心不全リスク因子の最新知識【東大心不全】のイメージ

増加する心不全にどう対応していくべきか。東京大学の取り組みを取り上げる。今回は石田純一氏への単独インタビュー。

最終更新:2018/09/28

重症筋無力症〔MG : Myasthenia gravis〕

重症筋無力症〔MG : Myasthenia gravis〕のイメージ

重症筋無力症は、眼症状から始まり次第に骨格筋の筋力が低下する難病で、予後は早期発見や治療介入により改善されつつあります。本疾患の最新知見を鵜沢顕之氏が解説します。

最終更新:2018/09/25

新たな薬剤、デバイスが続々登場する心不全治療(前編)【東大心不全】

新たな薬剤、デバイスが続々登場する心不全治療(前編)【東大心不全】のイメージ

増加する心不全にどう対応していくべきか。東京大学の取り組みを取り上げる。第4回は金子英弘氏への単独インタビュー。

最終更新:2018/09/24

黄色靭帯骨化症〔OLF:ossification of ligamentum flavum〕

黄色靭帯骨化症は、脊髄障害により歩行障害や横断性脊髄麻痺などを起こす難病です。高齢者に多いですが、野球の投手にもみられる本疾患の最新知見を大川淳氏が解説します。

最終更新:2018/09/24

ファブリー病〔Fabry disease〕

ファブリー病は、多彩な症状を示す疾患で、わが国では6千500例に1例発症すると報告されています。近年、治療の選択肢も増えた本症について衛藤義勝氏が解説します。

最終更新:2018/09/11

潰瘍性大腸炎〔UC : ulcerative colitis〕

潰瘍性大腸炎は、指定難病の中でも一番患者数の多い疾患であり、また、毎年1万人ずつ増加しています。最近では、治療選択肢も増えてきました。本疾患の最新知見を藤井俊光氏が解説します。

最終更新:2018/08/28

【勤務医のアルバイト収入 2018】第3回 地方別・診療科別の時給編

勤務医1,000人に聞いた「アルバイト収入」。最終回は、時給についての結果をさらに深掘りしました。

最終更新:2018/08/24

リジン尿性蛋白不耐症〔LPI:lysinuric protein intolerance〕

リジン尿性蛋白不耐症は、高アンモニア血症など多彩な症状を来す希少疾病で、その症状は離乳期頃から認められます。本疾患の最新知見を野口篤子氏が解説します。

最終更新:2018/08/14

ページ