心房細動診療の4本目の柱:包括的リスク因子管理

  • 公開日:2016/05/19
小田倉弘典氏が、心房細動治療で実際に行っている包括的リスク管理について解説します。生活習慣病のガイドラインを鑑みながらポリファーマシーを避ける実践的な方法が紹介されています。

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)
本コンテンツに関する下記情報は掲載当時のものです。
[データ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなど]

会員の方へ