ダビガトランの周術期管理に関する前向きコホート研究

  • 公開日:2015/06/24
ダビガトランの周術期の新しいプロトコールが検討された。腎機能と手術リスクで層別化し、休薬と再開プロトコールを決めて、ブリッジなしで行くという今回の方法。実現可能性が高そうです。

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)
本コンテンツに関する下記情報は掲載当時のものです。
[データ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなど]

会員の方へ