先天性トキソプラズマ感染症

公開日:2020/02/17

先天性トキソプラズマ感染症は、スピラマイシンが治療に使えることにより大きく進歩しました。胎児を守るために、本症の診療をどのように行うか、最新の知見を山田秀人氏が解説します。 

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。