ASCO2014 胃・大腸がん 会員聴講レポート

企画・制作ケアネット

2014年5月30日から6月3日までの5日間まで米国イリノイ州シカゴにて、2014 ASCO Annual Meetingが開催された。

この重要な会議における、実用的な情報をニュートラルに提供するため、ケアネットでは会員現役ドクターによる聴講レポートを企画。現在そして今後の胃がん・大腸がんの診療トレンドを順次紹介していく。

レポーター

設樂 紘平 ( したら こうへい ) 氏国立がん研究センター東病院 消化管内科

今回のASCOは50周年という記念すべき学会であった。消化器癌領域においては、その結果が長らく待たれていたCALGB/SWOG80405試験がプレナリーセッションで報告され、複数の注目演題ともにその結果を紹介する。

レポート一覧

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)
本コンテンツに関する下記情報は掲載当時のものです。
[データ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなど]

会員の方へ