2型糖尿病とがんの関係、遺伝的には証明されず―JPHC研究

提供元:
HealthDay News

2型糖尿病とがんの関係、遺伝的には証明されずのイメージ

 日本人集団の遺伝子多型情報を用いて、2型糖尿病とがんとの関係を調べた結果、これらが関連するという強い遺伝的なエビデンスは得られなかったことが、国立がん研究センターなどの多目的コホート(JPHC)研究グループの調べで分かった。研究の詳細は「International Journal of Cancer」3月30日オンライン版に掲載された。

 これまでの研究で、糖尿病がある人は、糖尿病がない人に比べて膵臓がんや肝臓がん、大腸がんなどのがん罹患リスクが高まることが報告されている。しかし、がんの発生に関与する因子を含めて補正できないリスク因子が存在する可能性があり、糖尿病自体ががんの発症に寄与しているか否かは明らかになっていない。

 研究では、ベースライン時(1990年および1993年)に全国9地域に在住し、ベースライン調査に回答し、健診などで血液サンプルを提供した40~69歳の男女3万2,949人を対象に、2009年末まで追跡調査を実施。対象集団中、追跡期間中に新たに2型糖尿病を発症した3,541人とランダムに抽出した1万536人(糖尿病のある人が613人、糖尿病のない人が9,923人)を対照群として症例コホート研究を行った。

 既に知られている29の2型糖尿病感受性遺伝子多型を用いて、糖尿病とがん全体および部位別のがんリスクとの関連についてメンデルのランダム化解析を行った。その結果、ある集団における糖尿病有病率が倍増することによるがんの罹患リスクは、がん全体では1.03倍(95%信頼区間0.73~1.59)、膵臓がんでは1.08倍(同0.73~1.59)だったのに対し、肝臓がんでは0.80倍(同0.57~1.14)、大腸がんでは0.90倍(同0.74~1.10)であった。

 これらの結果を踏まえ、研究グループは「糖尿病とがん全体および部位別のがんとの関連を支持する強力なエビデンスは得られなかった」と結論。糖尿病の既往者では膵臓がん、肝臓がん、大腸がんなどの罹患リスクが高いことを報告したJPHCの先行研究とは異なる結果が得られた点については、「糖尿病自体ではなく高インスリン血症やインスリン抵抗性を介してがんリスクの上昇がみられた可能性がある」と説明しており、また、今回の研究では、がん部位別にみた罹患数が少なかったことも結果に影響した可能性を指摘している。

[2019年7月8日/HealthDayNews]Copyright (c) 2019 HealthDay. All rights reserved.利用規定はこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

会員の方へ