30代の高血糖や脂質異常が将来のアルツハイマー病リスクと関連

提供元:HealthDay News

印刷ボタン

公開日:2022/04/29

 

 30代は、仕事のキャリアアップ、恋愛、結婚、新たな家族の誕生など、人生の魅力に満ちた時期となることが多い。しかし、将来の認知症のリスクを考え始める時期でもあるようだ。高齢期でのアルツハイマー病の発症は、35歳以降に血糖値などの検査値の異常が見られ始めた人に多いという。米国の疫学研究「フラミンガム研究」のデータを、米ボストン大学のLindsay Farrer氏らが解析した結果であり、詳細は「Alzheimer's & Dementia」に3月23日掲載された。

 Farrer氏によると、「糖尿病やそのリスク因子となる生活習慣がアルツハイマー病の発症と関連があることについては、多くのエビデンスがある。ただし、それらの関連を示した研究の大半は高齢世代を対象に行われたものだ。人生の早い段階での健康状態とアルツハイマー病リスクとの関連は、これまでほとんど検討されてこなかった」という。そして、今回の研究結果から、「高齢期に入ってからのアルツハイマー病の発症リスクを抑えるには、より早い段階で健康的な生活習慣を確立すべきであることが示唆される」と述べている。

 Farrer氏らが解析に用いたフラミンガム研究は、米国で長年続けられている大規模疫学研究で、これまでに数々の医学上の重要なエビデンスを発信してきている。今回の研究では、研究参加者4,932人を対象として、年齢により3群(35~50歳、51~60歳、61~70歳)に分類した上で、血清脂質値、血糖値、血圧などとアルツハイマー病発症との関連を検討した。

 ベースライン時に35~50歳だった群は、平均35.2±8.9年の追跡で5.5%がアルツハイマー病を発症した。51~60歳だった群は25.8±8.2年で8.8%、61~70歳だった群は18.5±6.8年で12.2%がアルツハイマー病を発症した。アルツハイマー病発症リスクに影響を及ぼし得る、年齢、性別、教育歴の影響などを統計的に調整後、以下に示すように、51~60歳、あるいはそれよりも若い35~50歳での検査値異常とアルツハイマー病発症リスクとの間に、有意な関連が見いだされた。

 まず、「善玉コレステロール」と呼ばれるHDL-Cについては、値が高いことがアルツハイマー病リスクの低いことと関連していた。具体的には、35~50歳の時点の値が15mg/dL高いごとにアルツハイマー病リスクが約15%低く(P=0.041)、51~60歳時点の値が15mg/dL高いごとにリスクが約18%低かった(P=0.014)。

 血糖値に関しては、51~60歳時点で15mg/ dL高いごとに、リスクが約15%上昇するという関連が見られた(P=0.00029)。また中性脂肪に関しては、35~50歳時点のLog2変換値が1高いごとに約33%リスクが上昇するという関連があった(P=0.0013)。これらの関連は、調整因子に脂質異常症や糖尿病の治療薬の処方を加えた後も、有意性が保たれていた。

 この結果は、30代のうちから定期的に健診を受け、血清脂質値や血糖値が高ければ、医師のアドバイスを受けながら対策を開始すべきであることを示唆している。Farrer氏は、「より多く運動をし、より健康的な食事を取るといった生活習慣の改善が、将来のアルツハイマー病発症リスクの低下に役立つかもしれない」と述べている。

 本研究に関与していない専門家も、30代からの健康管理が重要であることに同意する。その一人は、米マウントサイナイ医科大学アルツハイマー病研究センターのMary Sano氏だ。同氏は、「この研究結果は非常に重要だ。低HDL-Cや、高中性脂肪、高血糖がアルツハイマー病を含めた認知症のリスクを高めるとすることは理にかなっている」と述べる。同氏によると、それらのリスク因子は血流に影響を及ぼし、脳を含む体全体の炎症を亢進させることを介して、認知症の発症リスクを高めると考えられるという。

 Sano氏が若い世代に発するメッセージは明確だ。「治療可能なリスク因子は治療すべきである。生活習慣の変更だけでなく、必要なら脂質改善薬や血糖降下薬もある。それらの対策は心臓の健康状態を改善し、認知機能の低下を防ぐのにも役立つ可能性がある」と同氏は語っている。

 米レノックス・ヒル病院のGayatri Devi氏も、脳の健康が心臓の健康と関連しているという考え方に同意。「血清脂質値と血糖値を管理することで、心血管疾患のリスクを抑制できる。これらのアルツハイマー病リスクに関連すると考えられる変化の多くは、若年成人期に始まることが多い。脳や心臓の病気の予防を開始する時期が、早すぎるということはない」とのことだ。

[2022年3月23日/HealthDayNews]Copyright (c) 2022 HealthDay. All rights reserved.利用規定はこちら