喫煙者の子どもは成人期の関節リウマチ発症リスクが高い

提供元:HealthDay News

印刷ボタン

公開日:2021/09/15

 受動喫煙は子どもの肺に悪影響を及ぼすことが知られているが、影響はそれだけではないようだ。両親に喫煙習慣があった子どもは、後年に関節リウマチ(RA)を発症しやすいことが、新たな研究で明らかにされた。論文の筆頭著者である、米ブリガム・アンド・ウイメンズ病院の吉田和樹氏は、「この知見は、最も頻繁に生じる自己免疫疾患の1つであるRAの発症に、喫煙が大きな影響を及ぼすことを再認識させるものだ」と話している。研…

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。

[2021年8月19日/HealthDayNews]Copyright (c) 2021 HealthDay. All rights reserved.利用規定はこちら