高繊維食が糖尿病患者の血糖、血圧、脂質を改善

提供元:
HealthDay News

高繊維食が糖尿病患者の血糖、血圧、脂質を改善のイメージ

 2型糖尿病患者が食物繊維の摂取量を増やすと、血糖や血圧、血清脂質という心血管疾患の複数のリスク因子を同時に改善できることを示した研究結果が報告された。ケアウェルハート&スーパースペシャリティ病院(インド)のRohit Kapoor氏らによる研究で、米国心臓病学会(ACC)中東カンファレンス2019・第10回首長国連邦心臓学会合同学会(10月3~5日、アラブ首長国連邦、ドバイ)において発表された。

 Kapoor氏らは、200人の2型糖尿病患者を対象に食物繊維の摂取量を増やすように介入し、心血管疾患のリスク因子に与える影響を検討した。インド医学研究評議会のガイドラインでは食物繊維の推奨摂取量を1日当たり40g/2,000kcalとしている。今回の研究被験者の摂取エネルギー量は1,200~1,500kcalのため推奨摂取量は24~30gとなり、これを20~25%増やすように指導して6カ月にわたって追跡した。

 一般に果物や野菜、豆類、全粒穀物、ナッツ類などは食物繊維が多い。今回の研究では食物繊維の摂取量を増やすために、被験者には各地の言語で書かれた食品リストを含む食事処方箋が手渡された。また栄養士が定期的にカウンセリングを行うほか、被験者の理解を確実なものとするため視覚教材も用いられた。さらに被験者はWhatsApp(メッセージアプリケーション)を通じて食事の写真を送り、週に3回の頻度で電話により食事摂取に関する指導を受けた。

 このような介入により高繊維食を6カ月間続けたことで、心血管疾患リスク因子の検査指標は介入前に比べると、空腹時血糖が28%、収縮期血圧が15%、コレステロールが9%、中性脂肪が23%低下するという著明な改善が見られた。

 Kapoor氏は、「この研究は3つの大切なことを示している。第一に高繊維食は糖尿病や高血圧の患者にとって将来の心血管疾患を防ぐ上で重要であること、第二に医学的な食事療法と定期的なカウンセリングが糖尿病と高血圧の治療と予防にとって非常に重要であること、第三に高繊維食による食事療法を医学的治療に組み込むことで、血清脂質値、脈波伝播速度(動脈硬化の指標)、ウエスト/ヒップ比、高血圧を改善可能である」と述べている。

 なお、学会発表された研究は通常、査読を受けて医学誌に掲載されるまでは予備的なものとみなされる。

[2019年10月4日/HealthDayNews]Copyright (c) 2019 HealthDay. All rights reserved.利用規定はこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

会員の方へ